蒸溜水器を使って純水を作る

子供のミルクを作るときに今までは普通に水道水をポットで沸かして適温まで下げたお湯を使っていました。それで特に問題なかったのですが、先日子供がアトピー性皮膚炎だと診断されてから色々と考えるようになりました。

アトピー性皮膚炎の原因がミルクのお湯にあると言うわけではないのですが、自分に何ができるかを考えていると子供にとって少しでも良いことを探して実践していくことが一番ではないのかなと思うようになりました。

そういった考えの中で最初に気になったのが毎日飲むミルクのことでした。私は母乳の出が良くないので初めからミルクで育てています。子供の体を作る栄養はすべてミルクから摂取するわけですから少しでも良いと思うものを与えていきたいと思いました。

ミルクの原料は市販されているものを使うしかないのでメーカーや銘柄を選んで後はきっと良いものだと信じるしかありません。しかし、粉を溶くお湯は自分で用意するわけですから何かできるのではないかと考えました。

水道水には健康には害がない程度と言われてはいますがカルキが入っているのは事実です。沸騰させればカルキは抜けると言われていますが何かしらまだ残っているのではないかと不安になりました。

水道水は自然の水からつくるので塩素以外にも微量の物質は必ず入っています。もちろんミネラルなども入っているわけですから、それらが体に悪いものばかりではないことは理解しています。

しかし、何らかの体に良くない成分がある可能性があるのも事実だと思います。そこで水道水を蒸留した蒸留水でミルクを作ろうと思いました。ミネラル分なども無くなってしまいますが、それらはあらかじめ粉ミルクにも入っているわけですから別に問題ないと思います。

蒸留水を作るのにここのサイト「【蒸留水の作り方】家庭で安全にかつ効率よく蒸溜水を作る」を参考にして市販されている蒸溜水器を使うようにしました。蒸溜水器を使わないで自分で作ることもできそうでしたが、子供の面倒を見ながら作るのは無理があるように思ったので初めから蒸溜水器を買うことにしました。

結果としては蒸溜水器を買って正解だったと思っています。なにせ水をセットして頬っていれば勝手に蒸留水が出来上がるのですから本当に便利なものです。

蒸留水で作ったミルクを飲ませ続けることでどの程度子供の健康にプラスになるのかは確認のしようがありませんが、小さなことでも子供のために実践していこうと思います。

 

 

サイト内更新情報